S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
分類
月別
呟き
携帯端末から
qrcode
魔法使い
魔法を使う森脇靖。

本当は
向こうの枝を集めてこいと
息子らに指示を出す森脇靖。






まだまだ小さいなと感じていた我が子も
いつの間にか成長して、
数分歩いただけで
たくさんの小枝を集めてくる。
それをみんなでポキポキ折って
燃やす。
この日は、
その火を使って調理した。



| 森脇靖の様子 | 15:19 |
一気に

子ども達
汗びっしょりになることが増えました。
細っちょ の長男だけは
暑い〜と言いながらも肌サラサラ。
下の二人は常に水浴びとシャワーが必須です。

今朝は
一気に空の様子が変化したのか
いきなり咳が止まらなく呼吸が乱れる次男は
保育園を休んだので
製陶所で白玉団子を作りました。
井戸水が冷たくて
美味しいお団子が完成しました。







*娘三歳の撮影
| 森脇智美日記 | 15:12 |







*娘三歳の撮影 
| 森脇製陶所の様子 | 15:07 |
どのように捉えるか

この場所は
森脇靖という人間が
熟成し、また開放され
作り出され、また眠り続け
動き出す場所。




| 森脇靖の様子 | 14:30 |
刺激し合って
私達の家族は五人で構成されていて
各々が出来ることがあって
得意なことがあって
不得意なことがあって
出来ないことがあって
年齢も考え方も異なる
生き物として存在している。

各々が5分の一の「一」である。
大人も子どもも、
力の強いお父さんも
生まれたての赤ちゃんも
女の子も体の弱い子も
みんな「何分かの、いち」である。

だから、だれかひとつでも欠けたら
我が家の場合で五分の五にならない。
五分の一である各々が
力を出し合うことで、
ひとつになれる。

だから全てを出来なくてもいい。
各々が出来ることを精一杯やればいい。
責任持って、精一杯
助けられながら、家族で「ひとつ」に
なる。
五分の一の私達は、ひっついて
助け合い、刺激し合って、応援しあって
「1」になる。



| 森脇智美日記 | 14:24 |
冷や冷や

ロクロに向かっている時
娘がひょこひよこと
私の靴をはいて
靴底を引きずりながら
主人に近づいて
ぎゅうと後ろから抱きしめたりするから
見ているこっちが冷や冷やしてしまう。




| 森脇靖の様子 | 15:03 |
降ったり

降ったり、やんだり
暑すぎたり、涼しかったり

製陶所の中はひんやりして
いつも洞窟にいるような感覚。







| 森脇製陶所の様子 | 14:58 |
飛ぶ
狭いところで
幅跳びをする三人



| 森脇智美日記 | 14:55 |
夕方から夜に

夕方から夜になりつつある
製陶所。


| 森脇製陶所の様子 | 15:11 |
線引き

仕事とか休日とか平日とか
生活とか母親として、とか
子どもとして、とか
父親だから、とか
そんな境目を全く無視して
家族で出来ることを
今出来ることを
ドタバタしながら
もがきながら、しています。



| 森脇智美日記 | 15:09 |
<< | 2/156PAGES | >>