S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
分類
月別
呟き
携帯端末から
qrcode
<< 帰る先 | main | 目的のない >>
飛び出せ

次男の付き添いで通い
小学一年生になっていた私にも
夏休みがやってきた。
叫びたくなるほど嬉しくて両手を上げて伸びをした。
先生と学校にお世話になって、過ごせた一学期でした。

アレルギーや喘息を持つ次男は
業間も昼休憩も外で遊ぶのを我慢させているので
夏休みになった途端、
毎日のようにお父さんに引っついて製陶所に飛び出していく。
次男にとっては、体調がおかしくなって何日も休むかもしれないと
いう心配があるので、
「まあ、また」「つぎやろう」という気持ちはなくて
いつでも「今」しかないと、必死になって遊ぶ。
自分にとっての「次」は、本当にあるのだろうか、と思っている。
いつでも、めいいっぱいやりきろうとする。
やりきろうと無茶をするといけないので、
途中で止める。
止めると、悔しくて泣く。
だから私も泣きながら止める。
わかっているけれど悔しくて悔しくて泣く。

大丈夫。
毎日ちょっとずつ、ちょっとずつ
夏休みを過ごそう。
まだ始まったばかり。




| 森脇智美日記 | 15:22 |