S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
分類
月別
呟き
携帯端末から
qrcode
<< 早く早く | main | 小声でね >>
寂しさの穴
誰もがもっているもの
それは寂しさ
寂しさは心に穴をあける
その穴を埋めよう埋めようと
私達は必死にもがいている。

それは赤ん坊でも
少年でも
学生でも
お母さんでも
おじいさんでも
どんな人でも
自分で出来る穴埋め方法を考えて
それを必死でしているように思う。

寂しさの穴は根深く
簡単には埋まらない
時に誤魔化しながら、時に見ぬふりをしながら
時に本気で触れながら、
その穴を抱えて生きている。

頭で理解できる寂しさと
理解できない寂しさと
理由をつけて納得できる寂しさと
偽物の形をした寂しさと
様々な寂しさが取り巻いている中で
私達はきっとどこかで
この寂しさと本気で向き合いたいと
本気で確認したいと
思っているのではないだろうか。
だから人に会う。
人と顔を合わせ、触れ合い、会話を重ね
自分が生きているということと
相手も生きているということを
目の前で確認したいのではないだろうか。
だから、時に、人に会いたくなる。

子どもも大人も赤ちゃんもおばあさんもおじいさんも
少女もお姉さんもお兄さんもおじさんも
みんな互いに
みんなどこかで
繋がっているのではないかと
確認したいのかもしれない。

寂しさの穴が
ぼわっと温かくなって熱をおびてきて
寂しさは人それぞれあるけれど
寂しいのはあなただけじゃないんだと
寂しいのは特別なことじゃないんだと
寂しいのはおかしなことじゃないんだと
自分自身に伝えてくれる。

だから、人は
無性に人にあいたくなる時が
あるのではないか。








| 森脇智美日記 | 22:10 |