S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
分類
月別
呟き
携帯端末から
qrcode
<< とっておき | main | 跳ねて >>
図書館通い

図書館へ出掛けました。




娘はいつも「うさこちゃん」を借ります。
そして家にある14ひきシリーズを読んで
自分が「くんちゃん」だと言われ、そのくんちゃんに
感情移入しながら読んでいます。
長男は「いっくん」で、次男は「ごうくん」に当てはめて。
昔、長男が小さい頃は「とっくん」だよと一番小さいネズミを
指さして読んでいましたし、
次男が小さい頃は、次男が「とっくん」でした。
みんな大きくなったなあと私だけしみじみしています。
お母さん役の私が、今後おばあちゃん、になるのかな。






他には、以前借りて娘が覚えていたようで
ワニさん借りる、と本棚から見つけ出した「ワニのライル」を
内容を知らずに読み始めたら
何だか胸がキュンとするような切ない話。
いつでもずるい人間が居て、でも、本来ずるい正確なわけではない。
誰だって生きるために必死で、苦しさや虚しさが良心を消滅させる。
でも最後は心に温かさが戻ってくるお話でした。

「文房具のやすみじかん」も、文房具を使うようになると
不思議が生まれて、その役割が知りたくなる。
ちょうど小学生の長男は、そんな感じなのでしょう。
面白いと読んでいました。

タイガー立石さんの「すてきにへんな家」は
みんなで楽しめる、変な家ばかり登場します。
それらは空想の家だけでなく、実際に存在する家が出てくるので
それが驚きですね。
どんな家に住みたいのか自分で考えるのも面白い。
そういう妄想する時間や絵に描く時間が子どもたちに
たっぷりあるといいなと思います。





図書館には、書店には並んでいないような本が
色々あって面白いので
これなんだろう読んでみようと気軽に手にすることが出来ます。
小さいころに読んだ本のタイトルを見つけると懐かしいし
親になって読みたいなと思う本を見つけると嬉しくなる。
古い本は買い求めようとしても在庫切れになっていることも多く、
それだけ売れていないということなのかもしれません。
出版社が無くなると手に入りません。

私が住んでいる場所は山間部の田舎ですが
図書館が近くにあり利用しやすいです。
書店にいこうとするなら遠出しなければなりません。
子どもたちがふらりと立ち寄る場所としての図書館で
あってほしいです。
子どもが体も心も休ませる場所というのは
最近はあまりないのかもしれません。
どこかで誰かに預かってもらわないといけない。
だから子どもたちは忙しい。


| 森脇文庫 | 15:05 |