S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
分類
月別
呟き
携帯端末から
qrcode
<< ゆかいなヘンリーくん | main | コントロール >>
尖がり

若い時は
とにかく 尖がっていて
何でも溢れるくらいの爆発力がある。
次々と生まれてくるものがあって
その勢いが力になる。
不安があるから、
心配事があるから、
何かわからないざわざわした感情が
まとまらないから、体と心がバラバラになるような
感覚。動きだしたいが何をすればいいのか。
どうすればいいのか。


中学生のころを思い出してみると、
コドモでもないけれど、オトナでもない。
自分一人で出来ることはたくさんありそうだけど
実はとても少ない。
逃げることも誤魔化すこともできない。
しかし泣きつくこともできないような
そういう不安定な状態があるように思う。
答えなんて出ないのに、その答えを真っすぐに見つけようと
素直に、純粋に追い求めようとして
だからこそ苦しくなる時期。
まだ信じる力がある。
だからこそ苦しくなる。
逃げることも甘えることも泣き出すことも出来ない、
そういう宙ぶらりんな気持ちがする。
けれど抱えきれない思いが毎瞬沸き起こり
体内でぐつぐつと煮えてくる。
勉強もある、部活もある、学校もある、
口うるさい親もいる。
自分は一体何者なんだと、そう自問自答するような時期。

もっともっと中学生時代は休めばいいのではないか。
もちろん好きならば部活や稽古事を続けるのは大切だと思う。
しかし好きでないなら、
その時間をもっとぼやっとする時間にしたらどうか。
ぼやっとした時間が考える時間。
その時間が思う時間。
自分の心を整理する時間。
音楽を聴いたり本を読んだり空を眺めたり
家で寝転がっていたり
小さいころに意識していなかったようなことを思ったり
社会や親に対して反発する気持ちを持つ時間。
一人になる時間。何もしないで過ごす時間。

自分が何であるのか。
自分がどのようにして生まれ、ここにいるのか。
自分と他者を客観的に見つめ様々な思いが生まれてくる。
忙しいと何かを考えたり思いを巡らす時間が取れない。
大人のように何か力を抜いたり本気になったり
そういうことが器用に出来たらいいけれど
純粋に生きる子どもはいつでも真っすぐで
口では乱暴なことを言っていても
それでも大切な人に抱きしめてもらいたいと思っている。

もっともっと ぼやっとした時間を
もっともっと 大切な人と触れ合う時間を
取れたらいいのだろうと思う。
自分自身で、自分が好きなものを見つけ出せれば
それは大人になっても自分を救ってくれるような
強いものになると思う。


大人というものになった私には
一体何が出来て、何をしたらいいのか。
もう尖がりも勢いも噴き出す生命力もない。
でも今生きている意味がきっとあるはずだ。
自分自身に問い続けよう。
いつでも。
心に向かって問い続けよう。





| 森脇智美日記 | 23:30 |