S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
分類
月別
呟き
携帯端末から
qrcode
<< 制約 | main | 木陰 >>
することがない
このごろ長男は小学校が終わってから
夕方まで製陶所で過ごしています。
オムスビを食べて、勉強をして
父親の仕事を見たり、話しをしたり
自転車に乗ったり、ボールを投げたり
製陶所周りを整えてくれたり。

何もすることが無くなると
何かをごそごそしはじめる。
何もすることが無くなった時
初めて頭が動くのだと思います。
今まで目に入らなかったものに目を向けたり
立ち止まり足元を見たりする。

昨日より器が増えたこと、
取っ手がついたこと、
私が抜いた草の範囲が広がっていること。
木が倒れていること。
砂遊びの道具が転がっていること。

その時、その場には自分は居なかったけれど
父親がしていた仕事
母が来ていたこと
弟や妹がこれをして遊んだんだなと思うこと。
家族で過ごし、働き、楽しむ場所に
自分が存在していなくても、そこにきちんと居場所があって
家族の匂いがある。家族の動きが残っている。
私はそういうことが大切かなと思います。

子どもが何を感じているかは分かりません。
ただ、今という時は本当に、
今しかない。
子にとっての今も
母親にとっての今も
家族にとっての今も
父親としての、息子としての今も。


| 森脇製陶所の様子 | 14:59 |