S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
分類
月別
呟き
携帯端末から
qrcode
森脇靖のそばに
足元に抜け殻がある、
と思っていたら
すぐ近くに。
まだ飛び立てない感じで
隠れている。


| 森脇靖の様子 | 14:52 |
魔法使い
魔法を使う森脇靖。

本当は
向こうの枝を集めてこいと
息子らに指示を出す森脇靖。






まだまだ小さいなと感じていた我が子も
いつの間にか成長して、
数分歩いただけで
たくさんの小枝を集めてくる。
それをみんなでポキポキ折って
燃やす。
この日は、
その火を使って調理した。



| 森脇靖の様子 | 15:19 |
どのように捉えるか

この場所は
森脇靖という人間が
熟成し、また開放され
作り出され、また眠り続け
動き出す場所。




| 森脇靖の様子 | 14:30 |
冷や冷や

ロクロに向かっている時
娘がひょこひよこと
私の靴をはいて
靴底を引きずりながら
主人に近づいて
ぎゅうと後ろから抱きしめたりするから
見ているこっちが冷や冷やしてしまう。




| 森脇靖の様子 | 15:03 |
森脇靖 横浜から

展示会のため
横浜へ行っていた森脇靖は
今、島根におります。
製陶所に行くと、
ようやく帰ってきたなという実感がわくようです。

| 森脇靖の様子 | 15:49 |
喜ぶ

来月の展示会へ向けて
神経過敏になっている主人ですが
製陶所の山桜が、ちょうど綺麗に咲き
その姿をとても喜んでいます。
風に揺れているその様子を眺めながら
みんなでお弁当を食べました。

切れることができない緊張感の中で
ふっと主人の表情が和らぐ瞬間でした。

| 森脇靖の様子 | 14:55 |
指先が

縁あって
森脇靖は、今日ある方のお話を聞く機会が出来ました。
心弾ませながら、緊張しながら
出掛けました。

学生時代の時に何度も読んでいたようで
様々な思いが引っ張り出されたのだと
思います。
直接話をさせていただけたこと、
主人が心の中にあった疑問を尋ね
応えてくださったことに感謝しているような
表情でした。


私と子ども達もなぜか同行しましたが
その間は施設内に入ることができないので
みんなですぐそばの書店でまったり過ごしていました。
1時間半位、読みふけっていて
ちょうど娘が眠くなりそうな頃に主人が戻ってきました。

緊張や心配や嬉しさや安堵や興奮や喜びや感動や
心がドクドクと打つ音がこちらまで
聞こえてきそうでした。
緊張しすぎたのか
手の指先がひんやり冷え切っていました。



| 森脇靖の様子 | 23:36 |
森脇靖



| 森脇靖の様子 | 23:27 |
森脇靖

| 森脇靖の様子 | 15:15 |
淡々と

ここ数日は大雪のため森脇靖は
雪かきの日々です。

木曜日、
朝、学校へ子どもを送るため雪かき、
昼、雪かき、
夕方、子どもを迎えに行くため雪かき、
戻ってきて、また雪かき。

金曜日、
休校になったため
午前中家族で駐車場の雪かき。
何だか雪がふぶいてきた。
昼からも雪かき
夕方も雪かき。

土曜日、ようやく製陶所へ行き
壁のようになった雪と格闘し
何とか車が少し入れるスペースを作る。
雪かきで体がギシギシしてきたようです。
夕方も引き続き雪かき。

日曜日、
本日は晴天なり。
家族で製陶所の雪かき。
車が入れる場所が広くなる。
裏手は雪山のようになっていて
ソリで滑ったり、雪道を作って迷路や家を作る。
寒いけれど、こうして晴れている時の雪は
綺麗だ。

−8℃くらいまで冷え込み
積雪は90僂砲覆襪
地元の人は慣れているせいか
そういうことで、いちいちざわつかない。
淡々と雪かきをされている。
私、毎年のことなのに、しつこく
ざわついている。
| 森脇靖の様子 | 23:13 |
| 1/22PAGES | >>