S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
分類
月別
呟き
携帯端末から
qrcode
森脇靖は仕事です

森脇靖が仕事している時は
邪魔しないように、と。
集中している時は
静かに、と。
そうしているつもりですが
いつも、なんだかんだしているうちに
仕事するスペースにどんどん進出していく子どもたち。




子どもは、
お父さんの真似をして
仕事をしているつもりなのです。
本気です。

| 森脇靖の様子 | 14:51 |
仕事中

| 森脇靖の様子 | 15:09 |
森脇靖の下には
| 森脇靖の様子 | 15:17 |
今日の森脇靖

森脇靖は車で製陶所に着いてから
草木を眺めて
マメ科の草の種が飛んできたのか
芝の上に何やら緑の草が生えて
それらが広がっていることを呟きながら
室内に入っていく。
お抹茶を二服いただいてから
大きな壺を手にして制作が始まった。
今日は窯を焚く準備がある。
| 森脇靖の様子 | 14:57 |
瑞穂中学校 卒業式

数日前に中学校の卒業式がありました。
森脇靖の母校です。
今年も、卒業記念品として器を制作させていただきました。


卒業式前日二時限目に
森脇靖が話もさせていただきました。
教室に足を踏み入れると、
毎年違う子どもたちの空気を感じ取るようです。

三年間お疲れ様でした。
そして、ご卒業おめでとうございます。
| 森脇靖の様子 | 09:43 |
ぽつんと

机の上にポツンとマグが置いてある。
飲みかけのマグ。
出掛ける前に飲むからそのまま置いておいて
と主人に言われるのだけど
雪の中へ突入する支度をしているうちに
もう気持ちが仕事場へ向かっているので
そのマグの事を忘れてしまう。
だから、ぽつんと飲みかけのマグが机の上に。

昼に帰宅したときに思い出すようで、
飲もうと思ったのにな、と言うけれど
昼食後に仕事場へ出掛ける時は、気持ちが次へ行っているので
またしても、ポツンと飲みかけのマグが置いてある。
完全に忘れているわけではないと思うが
体は家にあっても、頭と心は仕事場にあるのだろう。


| 森脇靖の様子 | 14:43 |
森脇靖

雪がようやく解けて
そうしてまた明日から降り始めるようです。

今日、仕事場に置いていた濡れたタオルが
凍っていたようです。
仕事場についても上着を脱がず、さらに着込んで
もこもこな状態で、制作しています。


| 森脇靖の様子 | 22:28 |
森脇靖と雪



| 森脇靖の様子 | 14:23 |
一先ず

森脇靖が夜中にメモしたであろう
一枚の紙が机の上に置いてある。
子どもが仕舞い忘れた鉛筆で
そこらへんに残された小さな紙に
思いついたことを書き記したようで
何とか解読しようと思うのだが、読めない。
一先ず冷蔵庫に貼っておいて
なんと書いてあるのか尋ねてみよう。
| 森脇靖の様子 | 23:01 |
動かす

森脇靖は製作中に
時々室内から出てきて体を動かす。
家族がいてもそうするし
一人でいてもそうする。
長時間籠っているからいい、というわけではない。
時間があればあるほど、たくさんできるというわけではない。
気持ちも要るし、体調も要るし、環境も要るし
時間も要るし、精神の支えも要る。
様々なもののバランスを取るのが難しい。
器を作るのは仕事ではあるが、それは時間で区切って出来ることではないから
二十四時間、どんな時もどんな瞬間も、
森脇靖は作り手である。
時間がきて終わることはない。
そこの部分は生活とは切り離せないものだと
私は思っている。


| 森脇靖の様子 | 15:33 |
| 1/20PAGES | >>