S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
分類
月別
呟き
携帯端末から
qrcode
11キロ

真夜中からの窯焚きで
一睡もせず
フラフラになりながら
ただいまと帰宅した主人は
11キロもの味噌を抱えていた。

冷蔵庫 味噌でいっぱい。
| 森脇靖の様子 | 14:56 |
暗闇へ

真夜中に出かけて
製陶所にこもっています。
真っ暗な場所の中で
ポツンと建つ箱の中に
ひっそりと。
窯焚き。



| 森脇靖の様子 | 00:43 |
火の時間

今日の森脇靖。

雨降り。
肌寒くて何を着ていいのか悩みながら仕事場へ。
素焼きと釉薬掛け。
私と娘と製陶所でお弁当を食べて
保育園へ次男を迎えに行く。
早く行き過ぎてまだ食事中だったので一度帰宅して、
そうしてまた迎えに行き自宅へ連れて戻り、
急いで製陶所へ戻る。
夕方には柿の木を伐採したようです。

窯焚きの時は
火を見る時間があるので
火の時間に合わせて家族が動きます。
| 森脇靖の様子 | 22:29 |
吹いて

森脇靖が何か細かい作業をしていたので
私はもしかしてと想像して
ああ、もしかして、こうしようとしているのかと
思い込んで、勝手に思い込んで、決め込んで
その頭のまま、主人に話しかけてみたら
私のその頭がそのまま吹き飛ぶくらい
全く違うことを考えていた。
何やら試作していたのだと言う。
その世界が面白すぎて私は吹き出して
一人で朝から笑ってしまった。
自分が考えていた薄ぺらの思い付きが
本当にペラペラで、窓から外へ飛んで行ってしまった。
思い出してみても何だか面白くて、
また一人で笑ってしまう。
もう一度説明を聞きたいくらいだ。

| 森脇靖の様子 | 23:45 |
広島へ


森脇靖は
広島「ペンシル」のお店に
器を納品へ行きました。



| 森脇靖の様子 | 14:47 |
森脇靖は仕事です

森脇靖が仕事している時は
邪魔しないように、と。
集中している時は
静かに、と。
そうしているつもりですが
いつも、なんだかんだしているうちに
仕事するスペースにどんどん進出していく子どもたち。




子どもは、
お父さんの真似をして
仕事をしているつもりなのです。
本気です。

| 森脇靖の様子 | 14:51 |
仕事中

| 森脇靖の様子 | 15:09 |
森脇靖の下には
| 森脇靖の様子 | 15:17 |
今日の森脇靖

森脇靖は車で製陶所に着いてから
草木を眺めて
マメ科の草の種が飛んできたのか
芝の上に何やら緑の草が生えて
それらが広がっていることを呟きながら
室内に入っていく。
お抹茶を二服いただいてから
大きな壺を手にして制作が始まった。
今日は窯を焚く準備がある。
| 森脇靖の様子 | 14:57 |
瑞穂中学校 卒業式

数日前に中学校の卒業式がありました。
森脇靖の母校です。
今年も、卒業記念品として器を制作させていただきました。


卒業式前日二時限目に
森脇靖が話もさせていただきました。
教室に足を踏み入れると、
毎年違う子どもたちの空気を感じ取るようです。

三年間お疲れ様でした。
そして、ご卒業おめでとうございます。
| 森脇靖の様子 | 09:43 |
| 1/21PAGES | >>