S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
分類
月別
呟き
携帯端末から
qrcode
笑い声が聞こえて
笑顔がみえて
私は体勢を戻しお皿洗いをつづける。
そして急にこわくなってもう一度後ろを見る。
生きてるか、と
確認するように再度顔を見る。
次男が積み重ねる「いま」は、ほんの一瞬で止まってしまう
のではないか、と。
何かがささやく。
何かが私の肩をたたく。
私に何度も確認させるのだ。

私の見つめる先にある命が
当たり前ではない。
私ができることがあるならば
それを、次の瞬間につなげること。
それを、少し先の時間につなげること。
それを、次の日につなげること。

真っすぐ見つめたい。
この温もりが消えてしまわないよう
いつでも私は振り返る。
もうそういう癖みたいなものが
私に沁みついてしまっているのだ。
| 森脇智美日記 | 19:53 |
無い

今までのことをすべて実行しようとすると
確実に無理になる。
だから、何が大切かと優先順位をつけて
考えて動かないといけない。
今まで通り、も無いし
これが終わったら、も無い。


| 森脇智美日記 | 19:45 |
思うこと

不安や心配で押しつぶされそうな
大人たちを
子どもは無邪気に、そして真剣に、
そばに居てくれる。

我が家は二月末ごろから学校、保育園を
ずっと休んでいます。
喘息の病気がある次男が居るので
休校の指示がある前から家族で話し合い
休むことにしました。
自宅での家庭学習を続けています。
一緒に雲の観察をしたり絵を描いたり、
教科書を用いた勉強をしています。
学校へはいっていませんが
いま出来ることをしようと。

批判することより怒ることより
様々な人が様々な考えを用いて協力する時だと思います。
親の不満は学校へ先生へいきますが、
知恵を出し合い、親と学校は協力して
子ども達の命と学びのために考える時です。
元に戻るということはなく、
新しい考えや行動、生活、形を作っていくために。
自分の役割が何なのかと真剣に考える時。
まずは自分のそばの人に目を向け、
大切にしていくことは何かを考え、
大切なものを抱きしめたいと私は思います。

子どもは何かしら今の状況を受け入れ
覚悟を決めているような気がします。
不安や心配が消えることはありませんが
それも含めて、今日の一日を一緒にやっていこうよと
今日の一日、命があることに感謝し、
今日の一日、大切な人と繋がっていることを
ありがとうと素直に思おうと思います。




| 森脇智美日記 | 17:35 |
かなしみ
いまはないてないけど
いまのまえ
ないとったでしょ?
ないとるってことは
か・な・し・み!!
かなしみで
あふれとるってこと!


(きょうだいげんか にて・・・娘5さい)
| 森脇智美日記 | 20:03 |
当たり前

もう受け身ではなくて
自分はどうしたいか
自分はどうするのか
考えて、
行動する。
分からない中で
自分は、自分の家族はどうしていくか
考えるしかない。

当たり前だと思っていた日常は
当たり前ではない。
おはようと起きて温もりを感じて
笑顔で一緒に添う人がいること。
大切にしたいことが
より強く感じる。
今日という日をありがとうと感じて
今日そばに居てくれる人にありがとうと思い
温もり感じて眠りたい。

| 森脇智美日記 | 08:23 |
後で出来ること

見えないものを見せてくれた。
見過ごしていた部分を気付かせてくれた。
子どもはいつでも知らせてくれる。
力のない私が今出来ることは
少ししかないのかもしれないが
目の前にいる命を抱きしめて
私の名前を呼ぶ子らのために
今日という日を過ごすこと。
思うこと、考えることを続ける。

後で出来ることは、後でいいんだよ。
「今」が終わってしまうことのないように
今と向き合うしかないんだよ。

| 森脇智美日記 | 11:26 |
女の子のお祭り

製陶所にひな人形を飾りました。
娘と一緒に。
外で遊んでいたお兄ちゃんたちを呼んで
お茶会を開きました。

先日、製陶所のひな人形を仕舞いました。
娘と一緒に。
外で遊んでいたお兄ちゃんたちを呼んで
お茶を飲んで、一息つきました。

私が小さかった頃に飾っていたひな人形が
何十年か後にまた飾られることになるなんて。
小さな頃はいつもとは違う特別な気持ちがしていたけれど
いま、親になってみると、懐かしい気持ちで包まれる。


| 森脇智美日記 | 11:56 |
過ごし方

あれもこれもと欲張らず
目の前のことを大切にしよう。
あれもこれもと欲張りすぎて
いたのかもしれない。
今、何が大切か
それぞれが考えて
過ごすしかない。


花粉症に苦しむ長男と
ウノをやりたがる次男と
ウノのルールを覚えて遊ぶ娘と
毎日四人でウノやカルタをしています。
人数が多いと勝ち負けがいろいろあって
面白い。



| 森脇智美日記 | 19:51 |
家族で籠る

優先順位は何だろう。
命があること。
今日、元気で過ごすこと。
明日も元気で過ごすこと。
ずっとずっと先のことは
分からない。

一年前、次男が救急車で運ばれたことを
思い出す。
あの時のことがあったからこそ
毎日、毎日、考えてきた。
優先順位は何だろう。
命があること。
今日、元気で過ごすこと、
明日も元気で過ごせることを
大切にする。



| 森脇智美日記 | 09:46 |
他に何をしたいというのか。

振り向け、わたし。
後ろについてきている小さな命よ。

耳を澄ませ、わたし。
後ろから聞こえる小さな足音に。

腰をかがめろ、わたし。
小さな口から洩れる言葉を
こぼさず、掬い取れ。

立ち止まれ、わたし。
地面に這いつくばって見よう。
この小さな小さな指先がつまみとる小石を。

抱きかかえろ、わたし。
この小さな小さな手が、私の首にしがみつく。
感じ取れ、
このあったかい、いのちを。
| 森脇智美日記 | 21:59 |
| 1/82PAGES | >>