S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
分類
月別
呟き
携帯端末から
qrcode
区切り

かっこいいとか悪いとか
上手いとか下手だとか
すぐに区切れるようなものは
そういうもので
頭でそんなことを考えさせないでいいくらい
その人に包まれる気がする
その人の表現に浸かってしまって
じわっと静かに染みこんでいく世界が
そういうものが心を揺さぶるんだ。


| 森脇智美日記 | 14:53 |
空間づくり



もう こうなれば
自分の家みたいなもんだ
椅子を並べて
台を並べて
大きめの布をかぶせて
そこでお茶を飲もう
お菓子を口に運んで
ほっぺ辺りがムズムズするような
そんな甘さに包まれようか
| 森脇製陶所の様子 | 23:10 |
抜けていく
息が苦しい
顔を出すお日様を見上げて
ちょっと出かけてみようかと
声をかける
少しづつ
少しづつ
体に言葉をかけるように
息をする
口の中へ喉の奥へ空気の通り道へ
体の中へ体の奥
風船を膨らませるように
ぷわっと吸い込む

日を浴びて
吸い込んで
葉の匂いと湿り気が
体の周りを覆う
乾いた土と泥になった土と
カサカサと音をたてる葉を拾う最中も
空から次々と落ちてくる

わあ雪みたいと叫ぶ娘と
箱一杯に集めた
鮮やかな色が眩しい
目を輝かせて走る次男と
カエルの家を作った
息をしよう
口から鼻から体から
皮膚から

頭上から消えていけ
苦しさなんて消えていけ
濁った空気が体から出て行って
瑞々しいこの空気で満たされたらいい
鮮やかな色が目の奥に残ったまま
そのまま 
製陶所から家へ戻った

| 森脇智美日記 | 22:54 |
回転数

若い時のエネルギーの強さを思い出したり、
また若い方の行動や考えの勢い等を
素直にすごいなと受け取れた時
もう自分は若くない。
反発することも批判することも
反論することも無く
素直に、相手の言葉が自分に沁み込んできたり
自分の頭の中に無い世界を刺激し
へえ、とか、ほう、とか思ってしまう。今の
自分は若くもなく、お年寄りでもなく
かといって穏やかな性格になったわけでもなく
もちろん、あらゆるセンスも持ち合わせていなくて
何にもないひとつの人間なんだけれど
それでも何か今しか出来ないことや
今しか感じ取ることが出来ないことが
あるだろうと
ふと立ち止まったり、突っ走ってみたりしながら
目の前の人に言葉を発している。
話し合うとか議論するのでもなく
何となくこちらも、あちらも言葉を発して受け取って
受け取って、発している。
新鮮なものというより、もう自分の中にある物しか
もうそれしか出てこないのだと思う。

だんだんと頭の回転がのろくなって
子ども達の記憶力や発想の斬新さに
感心する日々です。



| 森脇智美日記 | 23:24 |
飛び交う
シーンと静かな日と
大騒ぎの日と
日によって飛び交うものが
異なる場所。

各々がぶつかり合う。
各々の気持ちが飛び跳ね
躍って、光って
この場を作り出す。


| 森脇製陶所の様子 | 23:08 |
跳ねる




| 森脇製陶所の様子 | 09:02 |
この日は
ある理由で
駐車場でお弁当を食べ
ある理由で
そこに数時間たたずみ
ある理由で
そこから島根に帰る。

森脇靖と私と娘は
この日、ある目的の為に
秘密の不思議な行動をしていた。




| 森脇智美日記 | 15:12 |
秋の音
カサカサと音がして
一枚、また一枚と舞い散る葉を拾いながら
もう秋だね、なんてつぶやいている私のそばで
娘は机の上に料理を並べながら
もう秋ですよ、なんて笑いながら飛び跳ねる。

葉っぱもドングリを踏む音も
風のツンとする音も
火の匂いも
木の燃える音も

私の周り全てが秋に包まれているように
感じる。
娘の周りも秋が包み込み
二人で散歩する。


| 森脇製陶所の様子 | 15:06 |
賑やか

昨日は午前中、次男と娘と製陶所で過ごし
お昼寝するため自宅へ帰る。
午後から小学生の長男が加わり
夕方まで遊び夕ごはんを食べる。
窯焚きが終わってから
みんなで暗い中、家へ帰った。
一日中賑やかでした。


今日は森脇靖一人。
一日中静かです。


| 森脇製陶所の様子 | 15:07 |
掘る

とにかく掘る。
道具を使って掘る。
あんまり意味なんて必要ない。
あんまり目的なんて必要ない。
子どもは自分の直感で生きている。
大人は危険かどうか見るためにいる。
少し離れた場所に。
すぐ後ろを振り向けば顔がわかる場所に。

離れすぎてもよくないし。
放っておきすぎてもよくない。
べったりしすぎてもよくない。
今日はこれをしましょうと決めすぎてもよくない。
どちらかに偏り過ぎるのはよくない。

子どもは安心できる場所で冒険するのだと
思う。
私は幼少期に外遊びが嫌いだったし
自然がないところで育ったので
いま、子どもから教わることだらけ。
私を含むそれらをまとめる森脇靖が
大変かもしれない。




| 森脇製陶所の様子 | 15:27 |
| 1/159PAGES | >>