S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
分類
月別
呟き
携帯端末から
qrcode
またひとつ
長男が9歳になり、小学三年生です。
6時間授業の日が増えて、家で過ごす時間が
減っていきます。

親になると、子どもに対してたくさんの経験をさせてやりたい、
様々なことに触れ、世界を視野を広げてやりたい、
と思うものですが
私は、もっとボーとする時間があってもいいかなと思います。
大人にとって「無駄」な時間というものが
子どもにとっては大切な時間なのだと思います。

子どもはよく「何もすることがない」とか
「何か楽しいことある」なんてことを言いますが
楽しい事なんて無いのですよ。
どこかへ行けば必ず楽しくなるというわけではないし
何かを買えば必ず楽しくなるということもない。
どんなことをするにしても、どこにいくにしても
「楽しい」と思うかどうか、心が揺れるかどうかです。

だから何にもないような所から、何とかして知恵を絞りだす。
何とかして遊びを見つける。
こういうことは大人より子どもの能力の方が高い。
だから何しようかな、することないな、なんてぶつぶつ言っていても
いつの間にか草取りしたり、妹の三輪車を押して泥道を進んだり
虫をつかまえたり、水の道を作っていたり、
ただ走っていたり。
あれこれしているうちに時間がたつのです。
それで子どもは「あー楽しかった」なんて言っている。

どんな美しい景色を見たとしても
それを「美しい」と思える心がないと
いくつになっても、どこへいっても、楽しめないものだと思います。
大人から見て、親から見て
ちょっと、それ止めてもらいたいな、と思うことを
どれだけ許せるのか、私の修行でもありますね。
私も時に子どもと一緒にふざけ合い、主人に叱られています。
だから主人が一番家庭という領域の中で修業をしているのかも
しれません。


次男も誕生日が来て
6歳、保育園年長です。
春から暑いやら寒いやら、大気の状態が不安定で
何とも何とも体がしんどい毎日で
ほとんど休んでおります。

主張が強くなってきた娘と
騒がしい兄二人と
家族みんなで足並みを揃えたいのですが
何だか、あっち向きこっち向き
ひとつにまとまりません。


おーい。
みんなこっち向いてー

続きを読む >>
| 森脇智美日記 | 15:35 |
区別

畑にて
植えた玉ねぎの苗周辺の草を抜く。
抜き方の指導を受けるが
誤って、玉ねぎの苗を抜いてしまい
叱られた。

昨年あたりから草ぬきが楽しくなり
製陶所の草を抜いている。
草ぬきは、不器用でどんくさい私にも
一人で出来ることなので、それを発見して
勝手に嬉しくなっているのです。

黙々と集中して、無の境地に身を浸し
目の前の雑草と向き合う。
芝と雑草の区別がつかなくなり
抜いていいものか、建物から出てきた主人に
すかさず尋ねる。
そして、また抜く。
集中しすぎて、もうお昼時間が迫っているのに
気が付かず、主人に声をかけられる。

草の生命力はすごいな。
| 森脇智美日記 | 15:07 |
喜ぶ

来月の展示会へ向けて
神経過敏になっている主人ですが
製陶所の山桜が、ちょうど綺麗に咲き
その姿をとても喜んでいます。
風に揺れているその様子を眺めながら
みんなでお弁当を食べました。

切れることができない緊張感の中で
ふっと主人の表情が和らぐ瞬間でした。

| 森脇靖の様子 | 14:55 |
散る前に
冬の終わりは春の始まり
学校の終わりは春休みの始まり
あっという間の二週間
子どもも私も、したいことがありすぎて
ドタドタと過ぎてしまった。
一緒に過ごせる時間は本当に僅かで
本当に貴重です。

兄弟喧嘩をする時間も
泣き叫ぶ妹をなだめる時間も
笑ったり、好きなことに没頭したり
怒られたり泣いたり叫んだり、と。


満開の桜が散ってしまう前に
みんなで近くへ散歩です。
桜が散って、この冬最後の雪が舞って
そして初夏の始まり。
次男の体調はついていけませんが
日々を大切にしたいです。




| 森脇智美日記 | 15:24 |
引き出し

様々な人や物に出会って
知っていき、影響を受けることもあるが
それでも一番自分を突き動かすものは
幼少期に感じたわくわくやドキドキなのだと思う。
それが自分の心を支配し
夢中になって取り組むこと。
時間という感覚も
値段という感覚もなく
ただただ夢中に目を輝かせて向かう。
それが今後の「自分」を作っていくのではないかと思う。
楽しいこと、好きなこと、
それを職業にする必要はないが
それは苦しい時悲しい時滅入った時に
自分を支え助けてくれるものになる。

小さな頃に感じたものが
その人を作るのだ。
目を輝かせて夢中になれること、
無理して続けることはない。
それらは心の引き出しにしまわれ
中学生のとき、大学生のころ、大人になって
親になって、
いつかきっとひっそり顔を出し
自分を助けてくれるものとなる。


| 森脇智美日記 | 15:43 |
一歩も


気温は
−14℃って
寒い、という言葉も
凍り付きそうです。





製陶所の裏側は
一歩も前へ進めません。
とにかく とにかく
全部 雪です。
次男が道を作ろうと頑張っています。
道を作ったのち
ソリで滑って遊んでいました。

| 森脇製陶所の様子 | 15:14 |
ようやく

長男が
インフルエンザA型にかかり
次男へ、私へ、娘へ
次々と家族が倒れていく中で
主人だけがかからず
家族を看病し続けていた。
一週間の間に三回も病院へ連れていき
夜も寝られず看病したり食事の用意をしたり
主人のお陰で
ようやくみんな元気になった。
病気になる順番がもし主人が最初の方だったら
本当に大変だったよねと
話していました。

この10日間くらい
記憶がないくらい辛かった。

元気で過ごせることが
一番嬉しいことです。




| 森脇智美日記 | 14:27 |
雪の山




降り積もった雪が山になる
山になったところに
また雪かきした雪をのせて
さらに山になって
屋根から落ちてきた雪で
またまた雪の山が出来た。

| 森脇製陶所の様子 | 14:17 |
指先が

縁あって
森脇靖は、今日ある方のお話を聞く機会が出来ました。
心弾ませながら、緊張しながら
出掛けました。

学生時代の時に何度も読んでいたようで
様々な思いが引っ張り出されたのだと
思います。
直接話をさせていただけたこと、
主人が心の中にあった疑問を尋ね
応えてくださったことに感謝しているような
表情でした。


私と子ども達もなぜか同行しましたが
その間は施設内に入ることができないので
みんなですぐそばの書店でまったり過ごしていました。
1時間半位、読みふけっていて
ちょうど娘が眠くなりそうな頃に主人が戻ってきました。

緊張や心配や嬉しさや安堵や興奮や喜びや感動や
心がドクドクと打つ音がこちらまで
聞こえてきそうでした。
緊張しすぎたのか
手の指先がひんやり冷え切っていました。



| 森脇靖の様子 | 23:36 |
追加







さらに追加で
飛び乗った。

| 森脇智美日記 | 23:29 |
| 1/153PAGES | >>